過去は自信ないただの主婦!自分嫌いを克服して自信を作る方法

こんにちは、おせっかいオカンです。

今日は過去の私がどんな人だったのか・・・それをちょっと暴露しようかなと思います。

暴露する理由は、過去のダメな私を知ってもらってあなたにも「変われる!」と思って行動してほしいからなんです。

行動して今の生活を手に入れた私は、本当に心穏やかおおらかな気持ちで過ごす時間が増えました。

あなたにもぜひぜひそんな充実した時間を過ごしてもらいたいのです!!!

過去は自分に自信のないただの主婦

過去の私は自分の発言、行動に自信持てない主婦でした。

昔からそうだったのか・・・と言われたら実はそうじゃないんです。

昔はもっと自分のこと好きだったし、自信もあった。

けれど、いつしか自分自身の発言や行動に自身がもてない、不安な人になっていました。

理由はいろいろあるんですけど、過去を振り返って思うのは、人って自分の考え方やあり方次第で、自信ある自分にもなれるし、

自信ない自分にもなれる生き物なんだなぁと。

どちらも経験した私としては、下がる方法も上がる方法も知っています。

私が私嫌いになった理由

過去の自分を棚卸すると、過去の私は落ち込んでいる人がいると「大丈夫だよ!」といって、とにかく相手を励まし、いいところを探して、いろんな理由を見つけて元気づけるということをよくなっていたのです。

自分もそうですが「いつもポジティブな前向きな気持ちでいたい」そういう心の持ち主だったのかなと思います。どんな時もいつも前向きに思考転換できる自分が好きだったんだなぁ~って思います。

けれど、子供が生まれて予想を超える大変さ。けれど、頼りの夫はまったく家事・育児に無関心。男は仕事とばかりに私の心を無視しつづけて、いつしか私の心はポジティブのポの字もなくなっていたのです。

口に出す言葉は夫の愚痴ばかり、思い通りにならない子供の育児の悩み事でした。

1日24時間、考えることは夫へのイライラか、子育てへの不安、そればかりだったのです。

そりゃ、たまには友達をあってリフレッシュして楽しい時間も過ごしてましたけれど、人はネガティブに考えてる時間が長ければ長くなるほど、ネガティブ思考に行動や言動がもっていかれてしまうんですね。

特に子育て中となると一人でモヤモヤ、頭の中で考えてしまうので、何百万回もきっと同じような想いを巡らせているのだと思うのです。ホントに、それってめっちゃダメです!!!

特に子育てってネットで探しても育児本で探しても正解がないので、堂々巡りしてしまうんです。

だからね、私はどこまでも落ちていきましたよね。友達と会う時はいたって普通を装ってましたけど、子育てにも育児ボイコット夫に超キレていたんです。

ネガティブがネガティブを呼ぶと、もうポジティブ思考になんて自分だけの力では戻れず・・・

だただた、夫にイラつき、子供も可愛い時期なのにムキィ~となっている時間のほうが多くて、でも、そう思う自分が嫌すぎて、誰か助けてください!!!って感じだったのです。

子育て誰か手伝ってくださ~~い!夫のことを憎んでしまうの嫌で~す!自分のことなんて何もできない女子としても終わってます!な私をどうにかしたかんたです。

でも、何にもできなかったんです。

当時は話をしても「俺は仕事がある!」「赤ちゃんは割れ物を触るようで無理」とぜんぜん協力的な姿勢もなかった夫なのです。そこで「お父さんなんだから!」って強気で言えればよかったのですが、育児休暇で育児ために休んでいるという時だったので、夫=仕事する人、私=育児する人、というどこかそんな考えから強く言えなかったのです。

だから、私が頑張るしかないんだと自分に言い聞かせていたんです。

夫にイライラ、子育てにイライラ、なにもできない自分にイライラ、本当に自分が大嫌いになりました。

我慢の末に起きた出来事

とにかく、一人目の育児は私の我慢の結晶で出来ていたなぁ~~と、過去を振り返ることができたとしても、あの時のドロドロした気持ちは絶対に垣間見たくないってほど、ぐつぐつ怒りが煮えたぎっていたのです。

育休があけて、全職場に復職することが決まった時は、正直、ちょっと嬉しかったのを覚えています。

これで育児から解放され一社会人としての活動ができると思っていたのだと思います。

けれど、これまでの行いのせいでしょうか、復職した職場ではまた頭を悩ませる出来事が起こりました。

それまでやってきた業務が1年でガラリ変わって、「新しい知識」を詰め込まないと仕事ができないという状況が生まれていたんです。

家から会社までも近いわけじゃない、子育て・家事は私だけでやっているようなものだから、はっきりいえば、前職と同じ仕事をすることでさえ、大変というのに、復職したての私に完全に新しい環境が待っていたのです。

一人でなんでもやってきたけれど、育児も家事も中途半端すぎて自分の中では「できない私」が出来上がっていたのに、追い打ちをかけるように職場でも「仕事できない私」が出来つつあったのです。

もうどこにも逃げ場がなくなってしまって、本当に苦しかったです。

家にいても仕事してても、「出来ない自分」を痛感させられることばかりなんです。

本当にどんどん気持ちが落ち込んでしまいましたよね・・・

気持ちが最高潮に落ちていた時は、中途半端すぎる自分が申し訳なさ過ぎて、子供にも同僚にも申し訳ない気持ちで過ごしていました。そのやり場のない気持ちのはけ口が「夫に対する怒り」となり、「申し訳ない気持ち+怒り」で生きていました。

なんで私だけがこんな目に合うんだ・・・・アイツのせいだ!って生きていたんですよ。

でもね、今思えば、「できない自分」は、誰が作ったのかというと・・・それはまぎれもなく自分だったのです。

誰かに何か言われたわけじゃない。誰も私のことを責める人なんていなかったんですよ。

なのに、私が私自身を追い込んでいたんです。

でも、その時はまさか自分が自分を追い込んでいるなんて気づけないし、自分がそんなに危機的な状況にあることさえ気づけないのです。

そんな大きなプレッシャーのかかった状況が続いた結果、私はしばらく自宅静養が必要なくらい追い込まれるような「パニック障害」という病気になってしまったのです。

今の状況は自分が作り出してきたもの

これまでの話を読んで、勘のいいあなたなら気づいてしまったかもしれないけれど、自分の今の状況って、おおかた自分の行動や考え、選択が引き起こしているものなんです。

私は自分が「できない私」と思うあまりに、「できない私」を作り上げていました。

「できない」と心で思うと、実行動も本当にできなくなってしまうんで、不思議ですよw

子育ても「うまくいかない」と思う不安が余計に不安を呼んで、その不安が子供にも伝わるのかな?上の子は結構、ちょっとのことで目覚めてしまったり、夜泣きもあったり、敏感な子供だったんですよね~~。

仕事も「時短勤務なうえに、帰ってからもやることあるのに、新しい知識を覚えてなんて無理だ」とそもそも無理だと思っていた気持ちが「できない」状況を作っていたんです。

私があの時やるべきことは、きっと、勇気もって、「お父さんなんだから、ちゃんとやって!」ということだったり、私自身も夫に行動させるために「やらない」というスタンスや、ちょい家出するくらいやればよかったのです(笑)

仕事も同僚があまりにも良かったので、ほかの仕事場なんて考えられなかったのです、だから、強気な発言なんてしたらクビにされると思って弱い立場だったんですよね。でも、「子育てと家事、通勤で新しい仕事は無理なので、一時的にほかの部署に移れないか」などお願いすれば良かったんですよね。または、子育てがある状況での通勤距離のある会社は無理と判断して、早々に撤退をすべきだったのです。

自分が「無理」「できない」と思ったら、それ以上の答えは望めないんですよね。

いいアイデア、打開案なんて出てこないのです。

だから、どうしたらうまくいくのか?そう思考を変えていくことが今のベストを作っていくのだと思っています。

人生は悩みや不安がつきものです。

過去の自分を乗り越えて、今、現実を変えることができたわけですが、

そんな私でも前に進むために日々、悩んだり、不安があるわけなのです。

じゃ、そんな時、どうしているか・・・というと、

今は、信頼している師匠や先生に相談してます。

信頼できる成功者に聞くという選択をしています。

子供の時は常に先生と呼べる存在がいて、何かあれば相談するという環境が簡単にありましたが、大人になると相談できる場所ないですよね。でも、スポーツ選手がコーチやトレーナーを持つように、もし、自分に夢があって叶えたいと思ったら、やっぱり一人で我流でやるよりも、先生と呼べる信頼できる人をつけるのがいい!そう思うようになりました。

記事の冒頭で「人」は、自信ある自分にもなれるし、自信ない自分にもなれる生き物なんだと言いましたよね。

私は信頼できるひとたちのおかげで自分自身に自信が持てるようになったのです。

人って本当に心の持ち方次第で、「自分らしさ」や魅力に気づき、それを活かして輝いていけるものだと思いました。そんなことを大切な師匠や先生から教わったので、ぜひぜひあなたにも自分のことを好きになれる、「自信ある私」になって欲しいなということで、自信ある自分になるため取るべき3つ行動を教えちゃいます!

< 自信ある自分になるためには >

自分で自分のドリームキーラーにならないこと

⇒私はダメなやつなんだ・・・と自分で自分を責めたりしないこと。

●いい時も悪い時、どんな時も「ありのままのあなた」を受け入れくれる存在を近くにおく

●「ありのままのあなたでいいんだよ!そこに価値がある」と言ってくれる人を信頼する

 

今、私は少なくとも過去の自分よりも自分のことが大好きで、自分に自信もあります。

でも、急に才能が開花したとかいうこともないですし、「できないこと」が「できるようになった!」とかいう劇的なことが起こったわけじゃないんです。

ただ欠けている私でもいいんだ、

欠けてる私だからこそ、伝えられることがある

欠けてる私でも、誰かと協力すれば「120%」になれる!

そのことがわかったのです。

だから、もう、足りないと思う自分はやめました。

足りなかったら、持ってる人にちょっとお願いすればいいんです。

なんでもできる自分にならなくていい!そのことがわかったのです。

だから、完璧な私よりもちょっと足りない私のほうが魅力なのです。

 

今、私には足りないことばかりだ・・・と思うあなたでも必ずあなたの力をかりたい!と持っている人がいます。

自分の本来持っている魅力(弱み)をフル活用していってもらいたいのです!!!

 

弱みが強みになる発想!!!これを知ってるとホントにそれこそが強みです。

あなたにもそれを知って欲しいオカンです。

特集記事


↑管理人「おせっかいオカン」はどんな人?あなたをおせっかいしたい理由が書いてあります!


↑ブログで人生が変わった!オカンの夢や幸せを引き寄て楽しくワクワクなる方法まとめ


↑スキル0でパソコン苦手な私でもブログで成果を出せた!ブログ書きでホントに大切なことをまとめてます♪


↑子育ても仕事の悩みも考え方次第で変わるよ!お話しに来てみませんか?ママじゃなくてもうウェルカム♪

ピックアップ記事

常識より非常識に生きる方が夢叶う!未来型☆山籠もり仙人セミナーの感想と学び

2月2日、都内某所でブログの師匠のセミナーがありましたので、その時の学びのシェアです。 好きなことを仕事にしたいなら、あきらめないこと…

ページ上部へ戻る