マツダミヒロさん無料動画学び〜時間と場所にとらわれないビジネスモデルとは?

 

マツダミヒロさんが配信されてる【時間と場所】にとらわれないビジネスの無料動画を聞いてます。
※動画は9/8or 9日まで聞けそうです。
残念ながら見れなかった方は以下、私のまとめをどうぞ。

今回はレッスン3です。
このあと、4回目のまとめの後は新しい講座の紹介になるのかなぁ〜っと。
でも、ためになる話なのでシェアします。

 

忙しいのはビジネスの仕組みに問題がある

忙しいビジネスは仕組みに問題があるとおっしゃっていました。
忙しいのに売り上げが上がらない、
いつもしなきゃだと、人生ってうまくいかなくなりますよね、、、。
働いてる割に豊かにならないという、、、負のスパイラル。

生産性の話になって、日本って21位なんだそうです。
スペインやフランスよりも低いんだそうですよ。
スペインとかフランスというと、イメージ的に自由に暮らしてる働いている、そんなせかせか働いてないってイメージじゃありませんか?
あの、スペイン、フランスよりも生産性は低いんですよ、日本って。
(調べてみたら、スペイン15位、フランスは16位でした。2016年労働生産性の国際比較より。 )

生産性が引くってことは、いろんなものに時間を奪われてるってことだマツダさんはいってました。

いろんなものに時間を奪われてるってどういうこと?

例えば、

1.しなくてもいい打ち合わせ、会議、顔合わせ

私も会社に所属していた時は、とにかく、ミーティングとか多かったなぁ〜〜って思います。
役職のついた先輩なんかはほとんどミーティングで席を外していて、聞きたいことも聞けず、、、。
先輩も自分の仕事が回らず、残業する日々、、、。就業時間外のミーティングも多かったなぁ〜〜って。
マツダさんも、大きな会社さんから会議しましょうと言われて、マツダさん、ミーティング好きじゃないらしくて、議題なんですか?とか聞いてチャットで返していくと「会議やらなくても大丈夫です」となったということです。
日本人って話し合いする時、律儀なのか面と向かって会って話すべきという習慣があるんですかね〜〜?!
ミーティングの議題も離されないまま、ただ参加して、そこで議題発表されて話し合うとかも多いですし、前持って議題提示して、その場で意見交換するならまだ進みそうですけど、急に言われてベストな答え出せる人ってなかなかいないですよね〜〜。
でも、ミーティングってなかなかなくならないですよね〜〜〜、不思議。

2.不得意なことをしてる(自分に時間を奪われてるケース)

マツダさんは、自分でしなくてもいいことをしていることで、時間を奪われてるとおっしゃってました。

私も以前まではなんでも自分でできるようになりたい!という気持ちと、ならねばっていう気持ちがあったんです。
でも、不得意なことって結構、いつまでも苦手なんですよね〜〜〜。

だから、やっぱり得意な人に聞いちゃったり、やってもらったほうが断然効率もいいし、クオリティが違いますよね。
時間に追われながら生きてると、協力するってことにもなかなか快く多じられないのですが、でも、お互いの強みをいかしてビジネスすることでいい循環が生まれそうだなぁ〜〜って思うなぁ〜。

やっぱりそれぞれの得意なことで協力しあうからこそ、いいものが出来上がるし、それこそ生産性もあがるってもんですよね〜〜。
私も不得意なことは得意な方に任せようと思います!

今のビジネスモデルでは、どんどん時間がなくなって、生産性が上がらなくて、売り上げが上がらない
どんどん時間がなくなって、生産性も上がらなくて、売上も上がらないいのは、いいビジネスモデルがないからというようなことをいってました。
だから、ビジネスモデルが重要なんだと。

それが、
【時間にとらわれないビジネス】であり、
【場所にとらわれないビジネス】、この2つの視点が大事だと。
でも、多くのビジネスはこのどちらかにとらわれていると言ってました。

例えば、
サロンや、飲食店  = 場所にとらわれたビジネス
コーチング、セラピスト、カウンセリング = 時間にとらわれたビジネス。
会社や企業と呼ばれるところは、時間にも場所にもとらわれたビジネスですよね〜〜。

ビジネスモデルを広げるにはどうしたらいい?

ビジネスモデルを、広げるにはどうしたらいいですか?という話になり、マッサージ屋さんで例えてお話してくださいました。

マッサージ屋さんの仕事というと、かんたんにいえば、マッサージすることが仕事。

でも、それをビジネス視点で広げると、
マッサージしながら、健康のことを話すとか、
ジャンクフード食べ過ぎてないですかぁ?とかお客様から体調の話を聞いての気づきを教えてあげるとか、
そういうことがビジネスモデルを広げていくことになるといっていたんです。

経験から得た自分ができる健康法とか
コツとかそういうのを求めてる人はたくさんいて、
自分の経験や知識が誰かの知識や知学びになる。

自分はマッサージ屋さん=マッサージだけするって感覚だとビジネスモデルはそこから広がらないけど、職業の枠を取りはらうと、マッサージ屋さんだけど、、、っと他にどんなことできるだろう?と問いかけると、そういうことでビジネスモデルが広がると言ってました。
職業の枠を外して、自分の経験や知識から何ができるだろう、、、そんな視点でビジネスを考えると広がっていくのかなぁ〜って思いました。

マッサージ師なら、
マッサージ師 + 健康に関する話を教える人
そういう職業の枠を外すってことですよね〜〜。
自分では気づかず当たり前にやってることがビジネスチャンスにつながってくる、そうおっしゃっていました。

 

時間や場所にとらわれないで生きるには?

自分では気づかず当たり前にやってることがビジネスチャンスになる、

そういうことから、

ファンを作っていける
信用を作れる
サステナィナブルでいられる

と言ってました。

サスティナブルっていうのは、持続可能なビジネスっていう意味で、

例え話として、パルテノン神殿の話をされていたのですが、、、。
パルテノン神殿が倒れないのって、柱がいっぱいあるから。
ビジネスでもそれが大事だといっていたんです。

つまり、収入になる柱を1本じゃなくて、いっぱい持つのが大事だと。
いろんな種類のビジネスモデルを持つことと、サスティナブルでいられる、そして、それが時間や場所にとらわれない生き方につながっていくってことなんですね。

マッサージの話でいえば、
マッサージするが1つの柱で、その他できるビジネスモデルが、
・ レクチャーをする
・ 別に商品を作る
柱をいっぱい作れば、一本がなくなってもまだ立ってるでしょ。その考えが重要っと。
自分の時間が奪われる収入の柱を増やすのは忙しくなっちゃうからダメっていってました〜。。

時間と場所にとらわれないビジネスモデル…適さないのは?

1.コンサルティング
会ってコンサルしたり、スカイプでコンサルすること
コーチングも、一対一であっても一対多でもダメ。
一対多だと良さそうだけど、その場に行かないとダメだし、利益をあげるために単価を上げないといけなくなる。

2.アフィリエイトモデル
誰かの商品を紹介したらお金をもらえる
時間も場所も選ばないから良さそうだけどダメな理由は自分らしくないから。
人の商品だし、大抵はお金がもらえるからやるが多い。
お金が入らなくてもいいからやるくらいならいい。(自分らしいから)

時間と場所にとらわれないビジネスモデル…適するモデルとは?

1.商品提供型。
商品を作って通販で売る。店舗販売じゃなくて、通販で。
化粧品でも洋服でも家電でも商品。デジタルだとなおいい。
自分の経験や知識、知恵として売るなら音声、動画、文字でもいい。
デジタルがいいのは、洋服みたいに住所聞いて送って…じゃなくて、デジタルならその場でダウンロードしてということが可能。

2.定期購入型
1.は単品単発。定期型は定期的に自動的に売ること。
例えば、野菜とか4月にはこれを売る、5月にはこれを売るなど。いちいちオーダーしなくても時期になると届くような、、、。
雑誌の定期購読みたいな感じ。
今はオンラインサロンっていうのが流行ってるみたいで、有名な人が月額3000円で1ヶ月Facebookで交流しましょうとかそういうビジネスも流行ってるらしいです。でも、あれはマツダさん的にはオススメじゃないと。
理由は、時間がとられるからと言ってました。

まずは、自分の商品で定期購入型ができないか考えてみたらいいと。
例えば、マッサージ屋さんだと、
自分の時間を提供することでの定期購入は大変だから、まず最初は商品で定期的に提供できるものはないかと考える。
例えば、セルフマッサージの方法をいろんなテーマで配信する
例えばハンドセルフマッサージ編とか、フットセルフマッサージ編とか、あとは、季節ごとのマッサージとか、マッサージだったら、食べ物についての知識、夏はこういうものを食べたらいいもか、控えた方がいいですよぉ〜って伝え方もできる。
パン屋さんも定期購入型やってるところも増えていて、毎月送ることができるし、遠くにいてもビジネスが可能。

3.商品卸し型ビジネス
これはちょっと高度なんだけど、と言ってましたが。
商品提供型は自分が売るなんだけど、
自分と商品の間に、売る人を作る=商品卸し型
自分からは直販しないけど、販売してくれる人を見つけて販売してもらうというビジネス。
代理店を作るみたいな感覚。
大事なのは、販売してくれる人がお金儲けだけの人だとうまくいかない。商品が好きだったり、商品やもしくは自分のファンであることが大前提だけど、そうすることで、また別の形の売り上げの作り方ができるとも言ってました。
なので、自分の商品が商品卸し型でもできないか考えてみるといいと言ってました。
でも商品卸し型ビジネスは、利益は薄くなると。数が多くなるのと、売ってくれる方へのマージンなど。

4.オンラインスクール型ビジネス
マツダミヒロさんがもっともオススメのビジネス。
自分の知識や経験をスクール形式でオンラインで販売する。
スクール型にするのがポイント。
オンラインレッスンは時間にも場所にもとらわれない。
これは売り手も買い手も同じ。

学びたくても遠くていけない、子供が小さくていけないとか、そういうニーズが多いから、それは解消できる。

スクール型ビジネスのいいところは、誰にでもできること。
誰でも知識や経験はある。でも、自分ではそれが当たり前すぎて価値があると気づいてない。それがビジネスになるといってました。
こんなの聞いて誰か喜ぶ人がいるの?と思うかもしれないけど、でも、それは必ず価値になるとマツダさんはおっしゃってましたよ。
オンラインビジネスはマツダさんご本人が3年くらいずっと実験してて、それなりに成果があったビジネスなんだそうです。だから、このオンラインスクールビジネスはみんながやったらいいと言ってました。

レッスン3はここまで。

 

知恵とつながりが商品価値になる〜オンラインスクールビジネス

以下、レッスン4 でQ&Aと、オンラインスクールビジネスについてでした。
気になったお話をピックアップしてます。

「オンラインスクールビジネスは、どんな人でもできる」、そうマツさんは言ってました。

これまでに30人くらいプロデュースしたけど、初めてはみんなできませんって言うけど、その1時間半後くらいには大体どんなことをやるか形が見えている。だからどんな人でも見えてない価値を持ってるといってましたよ。

知恵とつながりが商品価値になるんだそうです。

オンラインスクール6つの嘘

オンラインスクールをやるにあたって、私達が勘違いしていることがあると、「オンラインスクール6つの嘘」ということでお話してくださってました。

1. 自分には経験がない、大したことないから売れるものがありません。何にもないはウソ
2. 読者やファンがいないと売れないはウソ
3. カメラに顔出ししないといけないのはウソ→顔を出さないオンラインスクールもあり
4. 有名じゃないと売れないはウソ
5. ライバルが多すぎて売れないはウソ
6. 安くないと売れないはウソ

オンラインスクールビジネスをやる手順

【1.】企画する
これが一番大事。
世の中のニーズと自分の中に眠る価値をマッチさせるのが大事。世の中に求められていていて、かつ自分で価値を提供できるもの。
はじめは、自分の経験や知識の何が世の中に求められているかをリサーチする。
自分にはどんな宝、どんな経験や知識をオンラインスクールにできるのかを見つける作業から。
スクールのコンセプトを見つける。

でも、それは自分じゃ見つけられないじゃどうすればいいか。

1. 誰か友達に聞く
→得意なこと、褒められること、自分ではそんなこと?と思うことがビジネスにつながる。
自分のことはよく見えないことが多いから他人に見つけてもらうのがいい。

2. 魔法の質問に答える
→質問に答える行為は自分にない視点から答えを導き出そうと脳が探してくれる。

 

【2】コンテンツを作る
マツダさんの実験結果によると、

コンテンツは3ヶ月〜6ヶ月分(ボリュームに合わせて)
10分〜15分(→皆んな長いと見れない)

程度のモノがいいといってました。

マツダさんは個人的には5分でもいいと思っていると言ってました。
それを週に1回とか、講座時間5分など短ければ3日毎に送るとか。
バラバラと不定期に送るではなくて、ルールを決めるのが相手にとっても心地よいと。

【3】販売する
ファンがすでにいる人と、いない人でアプローチが違う。いる人はメルマガなどやっていたら、そこへアプローチするのがいい。
いない人は広告。

 

という感じでした。ご参考になると嬉しいです。

 

マツダミヒロさん、しつもんオンラインスクールビジネス講座でできること

マツダさんの新しい講座(しつもんオンラインスクールマスター )では

1. 講座構築
→ しつもんにこたえていくだけでオリジナル講座ができてしまうカリキュラム構築ができるそうです。

2.動画配信、決済機能、会員管理などすべてついたオンラインスクールシステムが利用できる。

3.ファンがいなくても自動で集客するナチュラル集客メソッドを身につけられる

 

という講座内容でした。(←ってちなみに私はやったおりません。おぉ〜、オンラインスクールいいね!っと思った人です。)
講座は結構高かったのですが、マツダさんから直接学べて、構築までお手伝いしてくださるとの話だったので、今までその方法がわからなかった方にはいいなぁ〜と思いました。

「時は金なり」ですからね、オンライン講座できる環境を整えるって、自力だと大変だと思うし。
マツダさんのお話にもあったように、自分の得意なことに注力することが一番だと思います。

私の場合は、師匠や仲間がいるので、こうしたオンラインスクール的なこともやりたいとなれば、できる方法あると思うんですよね〜〜。
というか、もわかりますが、、、。

信頼できる人に教わるって大事ですよね。

私も以前、【しつもん】学んだので思うのですが、本当にしつもんに答えていくだけで、組み立てられちゃうものがあるんですよ。
オンラインスクールも、大枠はマツダさんたちで考えてくださってるんだと思います。
しつもんに答えていく中で、自分のオリジナルオンラインスクールに変わっていくんでしょうね〜〜〜。
おそらく、これってネットで調べても出てこない情報なのかな? 9月10日に再販されてましたが。。。
私はメルマガをLINE登録していて知ることができました。

そのLPページに紹介されていたのですが、↓世界はひとつの教室という本。

 

 

このオンラインスクールでは600万人以上の学生が学んでいるそうなんです。
学びは基本的にオンラインスクールで、教室に集まる時は、ディズカッションや生徒同士で教え合うなど、集まってしかできないことをやっているそうなんです。

ここまでインターネット普及の時代になると、わざわざ場所にとらわれて何かしないといけないって時代が終わる…本当にそんな時代がきそうですよね。時間が自由になるがゆえに、自分の価値観だったり、考えが大事になってくる時代になってきますね。
本当に自分の好きなことが、自分を表現するものにますます近づいている、、、そんなことも感じた、マツダミヒロさんの動画でした。

いつも読んでくださってありがとうございます。

1日1万6千アクセス達成した方法"

↑期間限定!無料レポートプレゼント中♪

未来型トレンドマーケティング戦略プログラム

↑私がオススメするブログ教材!未来型トレンド&未来型ドリーム


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事


↑好きなことを仕事にしたい方へブログの始め方♪


↑管理人「おせっかいオカン」はどんな人?あなたをおせっかいしたい理由が書いてあります!


↑ブログで人生が変わった!オカンの夢や幸せを引き寄て楽しくワクワクなる方法まとめ


↑スキル0でパソコン苦手な私でもブログで成果を出せた!ブログ書きでホントに大切なことをまとめてます♪


↑子育ても仕事の悩みも考え方次第で変わるよ!お話しに来てみませんか?ママじゃなくてもうウェルカム♪

ページ上部へ戻る