自分らしさを見失って自信をなくしてしまった友人へ送った言葉

 

先日、独身女子の友人から、

惨めだった、、、っと泣きのLINEが。

内容はこんな感じ↓

育休明け子育て中ママの同僚2人とランチをしたそうなんです。

でも、そこにいた自分が欲しかたもの全部持ってて、苦しかったと。

旦那さんがいるからお金のために無理に働かなくてもいいし、ウエディングドレスも着て、指輪もしてて、子供もいて。

なのに、自分の時間が欲しいというと。

男を見る目がないこと、性格、諸々理由はあるけど、自分は選ばれなかった女子なんだ、、、と痛感させられたと
ここに居るとダメだわ、と安定剤を久々に飲んでしまった

って話。

 

もう1つ、紹介させてください。

これはまた別の友達の話。

先日、突然彼氏が荷物をまとめて出ていってしまったとこれまたLINEで報告。

やり場のない気持ちを友人である私たちに吐き出してくれたのです。

彼女は現在はアメリカでシングルマザーをやってます。

2度の離婚も経験して、(出て行ってしまったけど)新しい彼と日本で暮らすという方向で話が進んでいて、私たちも彼女たちの帰国を楽しみにしていたんです。

しばらく連絡がこなかったから、どうしてるかな?と思っていた矢先、そんな連絡がきたのです。

話し合いとか特になく、突然出ていってしまって、、、っと。
もちろん、お互いに我慢していたところはあったのかもしれないけど、何も言わずは、、、っと、ひどく落ち込んでました。

でも、元夫からは君のために良かったんじゃないと言われたと言っていて、アメリカ人からみても無言で出て行ってしまった彼は少し子供っぽいところがあったようですし、彼女から言わせると、自己中心的なところがあったんだけどね、、、っと。
でも、みんなそうやって妥協とか、認め合って、受け止めあって生きるものだと思うんだよねと。

 

 

人をダメにするもの、自信を奪い取るもの

二人の話を聞いて思ったのは、自分のいる環境や、選択で、生きづらくもなるし、生きやすくもなるということ。

独身女子の子はね、、、、とっても結婚に憧れていたんですよね。
まぁ、ダメ男というか、それこそ相手への思いやりが足りない男性とばかり付き合っていて、彼女が尽くしてばかりいたんですよね。
そんなことで、自分って大切にされてないのかな、、、、されるべき対象じゃないのかなぁ、、、って思い込むようになっていたんですよ。

シングルマザーの子は、自分なんて本当に弱いよ、、、って言ってました。
でも、大学からの親友の私したら、子どもと二人でアメリカに残って生きていこうって決心したその彼女のバイタリティだけでも本当にすごいって思っていて、そんな彼女から思いもしない言葉がでたので、、、あぁ、、、やられたなぁ、、、って思ったのです。

自分が上手く行かない状況が重なってしまったり、自分の思うように物事が進まないことが繰り返されると、自分って人間がどんどんダメに思えてくるんですよね、、、、。うまくいかないのは、自分のせいかも知れないっと、自分を責めるようになる。

これってもしかしたら、日本人特有の性格とか、国民性とかと関係があるのかもしれないですが。

日本人ってなんだかんだみんなとの調和を保とうとか、基本的に優しい国民性だと思うんです。

だから、人によっては、誰かを責めることで自分の気持ちを慰めようとする人もいるでしょう。
でも、も多くの人は、自分の何かがいけなかったのかも?と自分に問いただしたり、自分を責めてしまっているのではないのかな?って思うのです。

 

ものごとがうまくいかないのは、決して、自分が悪いからじゃないんです。

自分が自分らしくいられない環境に身をおいてしまうことで、自分らしい判断をできなくなるから、ものごとがうまくいかないんです。

まだ時がきていないくて、準備段階にいるのかもしれません。

あと考えられるのは、、、、間違った方向に進んでることを神様が教えてくれてる、、、、これは自分らしくいられない環境に、、、というのと近いですかね。

 

でも、本当にそうなんですよ。
ものごとがなんとなくうまくいかないのは、ただそういうこと。

ものごとがうまくいかないと、自分の何かがいけないんだと原因を自分に向けてしまうのは、ホント、悪い癖です。
自分が自分の自信を奪い取っていっているのです。

かつての私も自分を攻め続ける余り、パニック障害になったし、ブログをはじめてからだって、自分にはなにか足りないから、成果につながらないんだ、、、って落ち込んだ時が何度もありました。

でも、今は、その自分が自分を責める気持ちが一番いけないとわかりました。
それは潜在意識っていう学びを教えてもらったことも理由にあるけど、リアルに実生活の中で経験しています。

パニック障害はその大きな一例だし、ブログでの成果もその一例。
自分を責めることをやめて、自分にいい言葉をかけていくこと、感謝することで本当に変わる自分がいます。

おそらく、他人が自分を責めることよりも、自分で自分を責める行為は、何十倍も、何百倍も、自分の自信をうばっていくと思ってます。
でも、逆に、自分の気持ちさえしっかりしていれば、どんな逆境や責め言葉にも負けないのです。

とはいえ、他人であろうと、自分であろうと、責めることで得られるものっていいものではないんです。
私はパニック障害になって、あの時、立ち止まることが出来たから、行き方や人生を見直すことができたと結果的には思ってるけど、でも、記事を見つけてくださったあなたには同じ経験をしてもらいたくないと思っています。

それは自信をなくしてしまってる私の友達にも同じように伝えたいことです。

 

自信を持って生きるには、やっぱり自分らしくいられる環境が大事

やっぱり、自信って自分一人じゃキープできないんだって思いました。

人ってやっぱり一人じゃ強くいられないんです。

他人の言葉だったり、置かれる環境次第で、自分の自信って簡単に崩れてしまう可能性があるです。

だから、自分がどこに身を置くか、誰と付き合っていくか、って本当に大事なんだなぁ〜って感じています。

友達もそうだけど、家族も一緒ですね。

自分のいいところを、いいよ!っていってくれる人と一緒にいると、どんどん自分のことも好きになれるし、自信も湧いてきます。
逆に、それは違うよ!っていつも否定されていたら、そうなのかな、、、って自分を責める要因にもなるし、否定されることは自信にはつながらない行為ですよね。

でも、誰一人として同じ人はいない、国が違えば社会のルールも違います。

だから、自分って人は、他人と違っていいし、むしろ、他人と違うのをお互いが認めないといけないと思うんです。
でも、同じ所があるからこそ、共感となり、いいなぁ〜と思えるんですよね。

違いがあって当たり前! それでいい。

そんなふうにお互いのことを認め合える環境にいること、
自分のことをいいよね、と認めてくれる人と一緒にいること、
一緒に夢を追ったり、成長できる人と一緒にいること、

そんな環境に自分を置くことができたら、きっと、みんな自分らしく生きることに自信を持てると思うのです。

 

人を否定することや責めることで気持ちのバランスを保とうとする人もいる

覚えていて欲しいことは、相手を否定することで、責めることで、気持ちのバランスを保つ人も残念ながらいるということです。

みんな自由意志で決断して、行動するから、思ってもいない出来事にも遭遇するとも思うのです。

人の心とは難しいですよね、、、
こんなふうに言ってる私でさえやっぱり怒ってしまうこともありますし、自分を責めることも、人を責めたくなることも、まだまだあります。

でも、やっぱり、人は一人では生きられない。
人と支えあって、助けあって、自分という人を認められるし、それが自信となる、そう思うのです。

だから、あなたには、ぜひぜひ自分らしくいきられる環境に身をおいて欲しい。
そして、あなたがあなたらしくいることが、結果的にみんなの幸せになるってことを心に留めておいて欲しいのです。

 

自分らしさを見失って自信をなくしてしまった友人へのメッセージ

私の親友 シングルマザーの子にいったこと。

あなたは本当は強くて賢くて、男とも対等に話す、というか男の方がむしろついてくるようなかかあ天下タイプの女の子だったんだよ。と。
自分がいいなと思う男性といつもいい関係をきづき、ある意味、魔性の女、人付き合いの上手な女の子だったのです。

それが私が知ってる彼女らしさ。

でも、アメリカでマイノリティとして、シングルマザーとして、上手く生きようとして、彼女から自分らしさを奪い取ってしまったんだなぁ〜って。

だから、今は全力で彼女のいいところを刷り込んでますv(*´∀`*)v。

 

独身女子の後輩ちゃんには、誰でも経験するステージの時期って違うことを話しました。

他人の芝生は青く見えるけど、自分の芝生だって青い。

結婚できないわけじゃないし、ウエディングドレスだって着れます。彼氏だっているのに、過去のトラウマ、、、自分勝手なダメ男とばかり付き合って自分らしく振舞うことより、合わせて生きてきたから上手くいかなかったんですよね。

自分らしくって本当に大事!繕った自分はいつか剥がれ落ちるし、上手くいかない原因の大元になるんです。

彼女にはもっと自分は大丈夫!彼に愛されてる女性なんだ!結婚に値する女子なんだ!って彼女のいいところを話しました。

誰一人としてダメなんて人はいなんです。
ただ、自分を取り巻く環境が自分にそう思わせてしまっただけなのです。

これまでの経験や性格が、本当に自分の行動や気持ちを左右します。同じように励ましても、それぞれ受け止め方は違います。

自分はダメだ、、、と思い込んできた時間が長ければ長いほど、なかなか自分らしい自分を認めることが難しいかも知れません。

私も自分を責めまくって、自分ダメだ、、、と子育てしてました。ありのままでいいんだよ!と言ってもらってもなかなか自分では自分がいいだなんて認められないでいました。

でも、素敵な出会いで変わることを認められたのです。

相手との違いを受け止める柔軟さ、そのままをいいねといってくれる人たちといることで、気づいたら自分が好きになってて、自然と自信がでてきたり、そんな自分が本当の自分らしさなんだと思います。

 

あなたは本当の自分に出会えていますか??

 

読んでくださってありがとうございます♪

1日1万6千アクセス達成した方法"

↑期間限定!無料レポートプレゼント中♪

未来型トレンドマーケティング戦略プログラム

↑私がオススメするブログ教材!未来型トレンド&未来型ドリーム


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事


↑好きなことを仕事にしたい方へブログの始め方♪


↑管理人「おせっかいオカン」はどんな人?あなたをおせっかいしたい理由が書いてあります!


↑ブログで人生が変わった!オカンの夢や幸せを引き寄て楽しくワクワクなる方法まとめ


↑スキル0でパソコン苦手な私でもブログで成果を出せた!ブログ書きでホントに大切なことをまとめてます♪


↑子育ても仕事の悩みも考え方次第で変わるよ!お話しに来てみませんか?ママじゃなくてもうウェルカム♪

ページ上部へ戻る