書いてたら恥ずかしくなったので読まないでください。自分の可能性と才能を知るワーク。

 

自分の可能性と才能を知るには、自分のことを良く知ること。

そして、他の人から見たら大変そうなのに、自分にとっては苦じゃないこと、楽しいことが才能だったりします。

そんなことで、自分自身の可能性について。メモしておきます。

ブログの先生も過去の自分を振り返る(自分棚卸し)をおすすめしていますが、今日はそのワークみたいな感じです。

完全に備忘録記事です。オカンという人を知りたい人(笑)、才能の見つけるヒントにされたい方はぜひ読み進めてくださ~い。

 

いじめられっ子と遊んでいたことから自分の特性・性格を考察

昔からそうなんですけど、弱いモノいじめが嫌いなんです(きっと。)

ま、その理由は私が弱いモノだったからだと思います。私が小さい時はまだ近所のお兄さん、お姉さんと一緒に鬼ごっことか木登りとか普通にやる時代で、だから、7歳以上も離れたお兄さん、お姉さんと遊ぶこともあったのだけれど、どうしたってそのくらいの時期って何に対しても「劣っています」。走ることも、出来ることも、ぜんぜん適わないのです。

 

だから、遊んでいてもすぐにつかまっちゃうし、いつもハンデをつけてもらっていたり。それでもやっぱり私がいることで遊びがうまく進まないなど邪魔扱いされる(雰囲気で分かる)時もあって、悲しかった想いがあります。

 

別にいじめられていたわけじゃないんだけど、でも「ひとりぼっち」が寂しいという気持ちがわかるからこそ、いじめられっ子のことがすごく気になってしまう性格だったんだろうな~と思います。

 

だから、小学生になった時は、ただ「チビ」という理由でみんなから色々言われている子と仲良くなったみたり、その時期から「気持ちの痛み」がわかるような子供だったんだなぁ~と思いました。

 

でも、そうやって「いじめられっ子」と仲良くなるとやっぱり気に食わない人も出てきて、一緒にいじめられたりもするんだけれど、時代が違うからか、ひどいいじめだったという記憶はないんですよね。

 

それと、言葉の誤解から「いじめられた」という経験もあります。いつも仲良しグループの中の1人の子となんだか心のすれ違いがあって、リーダークラスの子に告げ口されたことがきっかけで、ハブにされたんだけれど、それも理由もわからない。

 

きっと、私が言った一言がその子の癇に障ったんだうな・・・程度にしか私は推測できなかったけど、その時は他のグループの友達に混ぜてもらったり、そんなふうに世渡りをしていたわけです。

 

( こうやって振り返ってみると、小学生から対人関係の悩みってあるもんですね~。すべての悩みはホント、対人関係です・・・アドラーさん、すごし!!!)

 

きっと、自分が弱くて悲しい経験をしてきたからこそ、「弱いモノ」に対して理不尽な態度をとっている人(社会)があると、違和感を感じるんだなぁ~と思いました。

 

だけど「自分は悪くないのに・・・」と誰かのせいにしても仕方ない。

それでは、何も変わらないことを、これまでの人生で感じてきたからこそ、自分が強くなることを選択してきたんだと思うんです。(自分が後悔しないように、自分が自分を嫌いにならないように、)

 

いじめられた経験を通して学んだこと、そして出来ること

 

自分のいじめられた経験や、弱くて悔しい思いをしてきたからこそ、他の人の気持ちに敏感になれるんだと思うんです。

そして、自分がこれまで弱いままでいるのではなく、強くなるんだ!という選択をしてきたからこそ、伝えられることがあるなと思うことがあります。

 

いじめられて苦しいければ、マジで逃げるっていう選択が一番です。

子供がいますが、子供にもそのことを伝えたいと思います。(いじめられてる兆候もないのでまだ伝えてませんが・・・)

世の中って本当に広いし、今の生き方だけが生き方じゃないです。

レールからはみ出したって別に生きる選択肢はたくさんあります。

だけど、ちょっと前までは本当にレールの上を歩くことが幸せになる方法なんだ~~と思っていた時期もありました。

けど、死ぬほど苦しかったら逃げたっていいと思います、休んでいいですよ。

嵐の大野君も2020年を区切りに活動停止しますが、本当にいい選択をしたと思います。

そして、嵐ファンもショックな気持ちを、切り替えて「大野君の夏休み」って思うことにした~なんて、流石ですよね!

 

死ぬ程辛かったら今の場所を捨てて、別のとこで死ぬほど頑張ればいいんです。

でも、死にたいほど否やことがあった経験ってホント強い!って思います。

だから、そこから這い上がったら絶対に無敵って思いますよ。

 

まとめ

 

自分の過去の洗い出しをしていたのに、ついつい熱くなってしまいました・・・(マジメな私、笑)

 

そんな感じで、私って人は、自分が後悔しないように、自分のことを嫌いになりたくなくて頑張ってきた人なんだなぁ~と思いました。

 

でも、子供が生まれて、ホントに身動きが取れなくなった時期もあって、「家族のためにいいお母さんでいないと・・・・」という呪縛から自分のことを後回しにしたり、やりたいことがあってもあきらめたりしてました。

 

あきらめてばかりだったから、どんどん自分のことも嫌いになって・・・

 

だから、今、自分のことが好きじゃないって思っていたら、ぜひぜひ自分の心に問いかけてみて欲しい。

 

自分のどういうところが嫌いなのかな・・・って。

 

くよくよしているところ?

いつも人のせいにしちゃうところ?

 

どんな時でもあきらめないで、じゃ、どうしたら目の前の壁は乗り越えられる?

って質問してみるといいですよ。

 

もしかしたら、昨日書いた記事が参考になるかもなので、リンクしておきますね。

思考は現実化する?する人としない人の違い。実現させるための7つのステップ

 

 

追伸

 

まだ、伝えたいことがあったのでした・・・

なんで「いじめる人がいる」のかという私の考察ですが、きっと、いじめる人ってなにか心が満たされてないというのが1つ理由にあると思っています。

 

寂しい・・・

ってことなのかなと思います。

 

千と千尋の神隠しでも「カオナシ」が寂しいって言ってましたよね。
きっと、満たされない心が、自分でもわけわからなくなって、なにかに当たらないとやってられなくなってしまったのかな、その反動なんじゃないかなって思うんです。

 

子供がいますけどね、はじめから意地悪な子っていないんです。

保育園の赤ちゃんクラスってめちゃくちゃ可愛いんですよ。

でね、ふっと、いつから意地悪とかし始めるのかな~って思うんです。

 

ま、意図して意地悪するのって年中さんくらいから?

3歳の下の子のクラスには思い通りにいかなくてパ~~~ンチってやってる男の子もいるけれど。

 

いじめとは言わないけど、「思うとおりにいかない」というその感情のコントロールを成長の過程で学べなかったり、感情をフォローしてくれる愛情に欠けて育つと、なにかしら不適合が起こるのかなと思うんですよ。

 

今って親が忙しいかったり、そこまでかまってあげられなかったり、

または過保護すぎて、子供を王様にし過ぎちゃったり、

 

子育てってすごい難しいなぁ~~~って思います。

 

子供に伝えて欲しい形で愛情って注いであげないといけないんだなぁ~~って常日頃から考えさせられます。

 

いじめる方もいじめられる方も本当はそんなこと「したくない」と「されてくない」と思っているんだと思うんです。

 

でも、やり場のない気持ちの行き先が誰かを責めることだったり、自分を責めるという行為で代用してしまっているのかなと思うんです。

 

意地悪しちゃう子や、逆に自分に自信持てない子も、きっともっともっと身近な大人が(親?)に褒められたり、かまってもらったり、認められてるってことがわかったら、気持ちって変わるんじゃないかなぁ~~って。

 

どんな自分でも、絶対的に信じてくれる人がいるっていう安心感が人にとって大切なのかなと思います。

 

テストが良くなくても、試験でミスっても、プレゼンで上手くできなくても、別にいいじゃん!他にも道はある!って言ってくれるような絶対的な存在が。

 

だからこそ、自分で自分の気持ちも立て直せるというか。

 

周りにもボコボコにされても、無視できる強靭な心って相当養われないですから。

 

だから、弱い自分でいいんですよ。って言われた時は、ホント目から鱗でした。

 

ありのままの自分でいいんだ、出来ないと思える自分でもいいんだと思えたことは、私のその後の人生に大きく影響しています。

 

弱みは強み、出来ない自分でいいと教えてくれたのが今のブログの先生です。

 

「ありのままの自分に価値がある」と気づけた経験は概念さえ変えてくれ、子育てに不安があった私ですが、「ありのままでいい」と腑に落とせた今は子供たちの気持ちを優先に、周りの常識にとらわれることなく生きられていることがすごくハッピーだなぁと思っています。

 

大人になっても迷うことばかりですよね。

 

一人だと心折れそうになるからね、自分に知恵を授けてくれる「先生」や、価値観や目指す方向が一緒の仲間を作るってすごくいいですよ。

 

最後まで読んでくださってありがとうございます!

1日1万6千アクセス達成した方法"

↑期間限定!無料レポートプレゼント中♪

未来型トレンドマーケティング戦略プログラム

↑私がオススメするブログ教材!未来型トレンド&未来型ドリーム


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事


↑好きなことを仕事にしたい方へブログの始め方♪


↑管理人「おせっかいオカン」はどんな人?あなたをおせっかいしたい理由が書いてあります!


↑ブログで人生が変わった!オカンの夢や幸せを引き寄て楽しくワクワクなる方法まとめ


↑スキル0でパソコン苦手な私でもブログで成果を出せた!ブログ書きでホントに大切なことをまとめてます♪


↑子育ても仕事の悩みも考え方次第で変わるよ!お話しに来てみませんか?ママじゃなくてもうウェルカム♪

ページ上部へ戻る