やりたいことがわからない人ほど過去の自分のと向き合うべき!好きなことを見つける3つの方法

 

自分のやりたいこと、
好きなことがわからなくなってしまった
大人の一人です。

 

こうなってしまった理由を考えると

自分の気持ちを無視して、
大人だからこうあるべき、
お母さんだからこうあるべき、
親が言うからこうした方がいい

など、

いつも誰かの目を気にしながら
理由づけして、自分の気持ちよりも

——————–

◯◯すべきを優先してきたからなのでは?

——————–

という考察があります。

 

あなたは、思いある節ありませんか?

 

いつも誰かの期待に答えたいという気持ちの優しい方が、
やりたいことを見つけて、もっと毎日を楽しく過ごしてもらいたいなぁと

 

今日はやりたいことが見つかる行動のヒントを

自分ロスしていた過去がある私の経験談も織り交ぜて

わかりやすくお伝え出来ればと思っています。

 

やりたいことがわからないって、結構辛いんですよね?!

やりたいことを見つけて、
ワクワクする人生にしましょう(^^)

 

好きなこと見つけるための準備

やりたいことを思い出そう!

やりたい事を思い出す?

そうなんです。

実はやりたいことは常に自分の心が知っています。(知っていました。)

けれど、さっきも言ったように、誰かの期待に応えたい、

何かしらの理由をつけて、

例えば、お金がない、時間がない、似合うかわからない、周りにどう思われるか怖いなど、

本当はこうしたいけど、でも、、、

と不安が先立って別の選択をするって、
やりたいことがわからないという人がする
よくアルアルな行動だと思うのです。どうでしょうか?

 

わからなくなってしまった一つの原因が、コレです。

 

本当はこうしたいと思う心を無視して、もしくは「こうした方がいいんじゃない?」と
もう一人の自分の囁きを選択してしまうことです

 

本当の自分は常に直感的に感じたり、閃いたりしてます。

 

けど、それとほぼ同時に、これまでの経験や体験、聞いたこと、常識持ったもう一人の自分が
本当の気持ちを優先させるより無難な生き方を選択させようとするのです。

 

人はなぜ常識や無難な生き方を選択しがちなのか

 

それは人が常に安全安心の領域で生きたいという本能があるからなんです。

だからみすみす危ない方に行かないように
もう一人の常識的な自分がそうさせようとします。

 

常識的を重んじて生きようとするとどうなると思いますか?

常識的な自分に従うと、同じ常識を持った人たちと変わらない自分が出来上がるってこと。

だから、個性なんてなくなるし、
自分らしさなんて、感じられなくなってしまうのです。

 

でも、同じ人間なんて世の中に一人としていない!
と知ってるのに

 

なぜか、なぜか安心領域にいる選択を無意識にしちゃっているのです、、、

怖いでしょ。

 

自分の気持ちを肯定しない状況ばかりが重なると起こる自分ロス状態

 

人は本当はこうしたいのに…という本当の自分の気持ちより

常識人でいなきゃと思うあまりに何度も何度も本当の自分の気持ちを無視し続けるんです。

 

実生活に置き換えると私はこんな感じかなって思っています。

 

子供: お母さん、お母さん、話聞いてよ!

母親:ママは忙しいの?!話は後で聞くから
( 母親の頭の中は家はキレイにしなきゃ、栄養考えて手作りしなきゃ、早く寝かせなきゃ、と脳内活動いっぱい)

 

世間的がいういい人(いいママ)でいなきゃと頑張るあまり
本当に子供が望んでることを無視してるのと似てるなと思っています。

(え、例えが難しい?!)

 

そうやってやりたいこと、望むことを無視続けるとどうなるか・・・

まず、無駄に夢を持つことをやめます。

 

子供の例でいうと、

ママに話しかけたって聞いてくれない

話しかけても聞いてくれないなら
話すことをやめる、、、

ここで、いい子をする選択をする子供もいると思う、

それとは別に、フラストレーションから親の言うこと聞かなくなる、荒れる
という子供もいると思います。

 

大人はというと、少しだけ状況が違くて

自分の気持ちを肯定しない時、
(もう一人の自分が「こうすべきでしょ!」とやりたい気持ちを止める時)

こうするのが一番なんだ!と自分を納得させようとします。

大人は自己暗示攻撃ですよ笑

 

そうやって自分に何度も何度も暗示かける状況を作ってしまう人(我慢する人)ほど
自分のことがわからなくなるのではないかなと思います。

だから、当然、好きなこともわからなくなるんです。

 

そして、否定しかしない生き方になるともう夢見ることもしなくなります。

それが自分ロスの状態です

 

自分ロスせず、やりたいことや好きなことを見つける3つの方法

 

だからこそ、どんな状況にいても自分のやりたいと思った

1.どんな小さな感情にもYesで答えてあげること

 

これが、やりたいことを見つけていくきっかけになります。

 

例えば、過去私が悩んだこととしては、

 

本当の私 :
子育て中だけど、週末くらい一人で外出したい

 

裏の私 :
子供がまだ小さいし、夫も週末くらい休みたいよね
それに私は主婦なんだし、、、私さえ我慢すれば、、、

 

第3の私 :
お母さんだって息抜き大事!
週末だって毎週くるし、たまの週末の1日くらい
協力してもらったってバチは当たらない。

 

っという感じで、やりたいことを叶えられるように自分自身の考え方を変えたり、
いい意味で開き直って、じゃ、どうしたら叶えられるのか?

そういうふうに考える癖を作るようにしました。

 

 

あきらめたら試合終了!
by スラムダンク

ですよ。

 

 

自分ロスしていた私自身、そのことに気づいて、
自分の心の小さなつぶやき(やりたいなぁ~の気持ち)を
受け止めていくことで、気持ちが上向くようになりました。

 

やりたいこと、好きなことを思い出せるのは、そこからなんです!!!

 

やりたいこと、好きなことがわからない人は、

2.過去好きだったことを思い出しみる

気持ちが上向いてきたら、
まず、生まれてから今までの好きだったことや、楽しかった記憶、よくやっていたことを思い出してみましょう。

書き出した方がいいです。

 

小学生:
○テレビっ子
○りぼん、ちゃおなど少女マンガ好き
○占い好き(良くないと落ち込んだり笑)
○あがり症
○やればとりあえずできる
○努力はする方
〇まるまるしていた

 

中学生:
○テレビっ子 ドラマもよく見てた
○料理やお菓子作りが好き
○友達の影響で洋楽聴くように
○友達の影響でユニコーン好きに
○英語が好きで高校は英語学科を受験した
○裁縫が得意だった
○赤毛のアンが好きだった

 

高校生:
○友達の影響で洋画好きに
○高校夏休みにオーストラリア短期留学に参加
→異文化交流楽しかった
○ 進路で迷う(英語系、服飾・被服系)
〇目立つの嫌いなのに、誘われて生徒会へ
〇ダイエットは友達

 

大学生:
○ 実用書や自己啓発など前向きになれる本が好きに
○人の行動学、心理学の授業が楽しい
〇友達とシェアハウスしていた

大学生卒業後
○カナダ1年弱留学
→ ホストファミリーに恵まれてめっちゃ楽しかった。カナダ人いい人!イメージ。
→ 留学中、アメリカにいた友達に会いに行く
→ 人生初のオーロラをみる!(これは一回見て欲しい!!すごい圧巻です)
→ 留学後、アルバータ州〜プリングエドワード島まで(バスの旅)
→ カナダ後、ヨーロッパにてバス旅行へ参加。
イギリス、フランス、イタリア、スイス、オランダなど回る
(カナダからのツアー予約だったため、ツアー客アジア人一人。)

 

社会人:

帰国後、英語を使う旅行会社へ就職する
(留学よりもここで英語は鍛えられた・・・)
→ 大使館、外資系会社が顧客、ありとあらゆる外国のお問合せありで
各国の英語なまりなど面白いと思っていた
→ 時間給にするとひどかった・・・
けれど頑張れたのは同僚が良かったから。

ノルマが嫌いだった。

船舶系の会社へ転職
→ ここでも英語を活かした仕事に就きたいと。。。

手に職をつけたいと思って、WEBデザインの勉強する
→ アルバイトからIT会社のWEBデザイン担当部署へ

 

夫と出会う:
とにかく、休みの旅に海外旅行に行っていた
(スペイン、シンガポールが定番)
AIRマイルを集めるマイラーだった。

 

結婚後:

続く・・・・

 

という感じで、好きなことやよくやっていたことを
書き出しみるといいです。

 

3.好きだったことよくやっていたことを改めて今やってみる

書き出すだけだと足りなくて、私の場合はブログ記事にしたりしたので、
あ~、これってやっぱり好きだったんだなぁ~と気づく材料にもなっていました。
だけど、状況や環境がわかったり、年齢もあるのかな、なんだか今まで好きだったことも
あまり興味湧かないってこともあると思うんです。

 

でも、考えてるのとやってみるのとでは全然違くて、
もう一度、大人になって過去好きだったことをやってみるといいです。

 

私は子育てでかれこれ海外旅行なんて縁遠くなっていたから
海外が好きだけど、パニック障害にもなって長いフライトは嫌いだし・・・と
その気持ちを封じ込めていました。

 

けれど、やっぱり知らない世界を知ることって私にとって
すごくワクワクするのだと思います。

 

というのがわかったのも、改めて最近、好きだったことを
いろいろやってみたんです。

 

ちょっとブログを休んで、自分の好きな分野の本を読んでみたり、
海外旅行雑誌を買ってみたり。海外の旅ドキュメントやTVドラマを観てみたり。

 

とりたてて、なんら生産性がない行動なんですけど、
やっぱりワクワクして楽しかったんです。

 

でも、そうやって好きなことをまずは思い出して、
その中からやりたいと思えることを考えていけるのでは?と思うんです。

 

 

ただ好きなことをやることは、なんら生産性がないことに思えますけどね、
でも、自分の好きなことってワクワクするし、ずっと続けていても楽しい。

 

だからこそ、仕事にするといいんです。

 

そんなことが可能になるのがブログだと思うのですが。
ワクワクした気持ちで伝えていけば、自然とファン同士が集まり、
好きで調べに調べまくったからこそオススメできる一品も見つかったり(^^♪

 

 

そういう本物の熱烈なファンが語るからこそ、
ブログって面白いし、ついつい熱さを共有したいな~と
人は思うらしいんですよ。

 

好きなことややりたいことを見つけて、
ぜひぜひ、仕事にしていくといいですよ~~~。

 

ここまでSNSでも繫がれる時代、インターネットがあれば、
出来ないことも今や出来るチャンスが増えてます!!!

 

 

追伸

特に、実際にやってみるのがオススメです!!!
私みたいに小さな行動からでいいと思います。

 

1日1万6千アクセス達成した方法"

↑期間限定!無料レポートプレゼント中♪

未来型トレンドマーケティング戦略プログラム

↑私がオススメするブログ教材!未来型トレンド&未来型ドリーム


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事


↑好きなことを仕事にしたい方へブログの始め方♪


↑管理人「おせっかいオカン」はどんな人?あなたをおせっかいしたい理由が書いてあります!


↑ブログで人生が変わった!オカンの夢や幸せを引き寄て楽しくワクワクなる方法まとめ


↑スキル0でパソコン苦手な私でもブログで成果を出せた!ブログ書きでホントに大切なことをまとめてます♪


↑子育ても仕事の悩みも考え方次第で変わるよ!お話しに来てみませんか?ママじゃなくてもうウェルカム♪

ページ上部へ戻る