自己受容感を高め「ありのままの自分でいい」と受け入れ幸せを感じながら生きる方法

 

自己肯定感や自己受容感を高めるには?育った環境の影響を私なりに考察さて、今日は

—-
自己受容感
=ありのままの自分でいい
—-

と思えると自分になっていくためのお話をします。

自己受容感を下げていた理由・・・自信ない自分を決定的にしたのは

ブログでも話している通り、過去の私は自分に自信ないお母さんでした。

自分にはなんにも誇れるものがない」そう思っていました。

そう思う理由は、
これといって熱くなれるものもないし、
だからこそ、やってみても中途半端にしか極められない

そのことが私にとってコンプレックスになっていました。

なんでも人並みには出来るけど、
それ以上にはなれない・・・

だから、好きなことがある人だったり、なにかに情熱を燃やして頑張れる人が本当に羨ましいと思っていました。

 

だから、会社員だった時は仕事さえしてしまえば、それなりに自分は必要ともされていて、だからこそ、仕事で評価されることで、「なにもないと思う自分の心を満たしていたのかもしれない」と振り返ると思うのです。

 

けれど、周りをみれば圧倒的に自分よりはるかにすごい出来る人がいるのも確かで
やっぱり自分はなんでも中途半端だなぁ・・・
とふっと我に返ると思っていました。

 

自信ない自分を決定的にしたのは、実は上の子の子育ての時だったのかなと思います。

子育てをすごく甘く考えすぎていたのかもしれません・・・

でも周りから聞く以上に子育ては本当に大変なことばかりで、なにしても泣き止んでくれないなんて日常茶判事でした。

うちの子は特に寝るのが苦手で(そうなんですよ、寝るのが苦手な子がいるんですw)眠いなら寝てくれ!いつもそう思ってました。

寝たくない自分と眠い自分が葛藤してるんですよ。
相当な頑固もんですよw

 

スーーーって寝落ちてくれたらいいのに、泣いて暴れてわめいて、暴れまくって疲れて寝落ちる・・・
それがすむまで寝てくれなかったのです。

今でこそ、泣く理由がわかってますが、当時は何しても泣き止まない我が子に「私はダメな母親だなぁ・・」と悩み、ホントに苦しかったです。

母なら泣き止ませられて当然!

そんな聞こえもしない声にどんどん自信もなくしていきました。

子供が少し大きくなってからも、他の子とうちの子は違うなぁ・・・
私の育て方が間違っていたのか、甘やかせすぎていたのか、

などなど、悩むことも多く、育児本もよく読んでいました。

自分に自信ないから他人の言動が正しく見えるし、どう考えても自分が悪くないのに私のせいなのかな・・・?と疑心暗鬼になったり、そんなことで夫婦のパワーバランスも当然、崩れていきました。

どうしてダメな自分も受け入れ「自己受容感」を高めることが出来たのか?

私が自己受容感を高めることが出来た大きな理由の一つは、

自分ではダメだと思っていた私を
いつも「いいね!」と言ってくれる人、
私を大切に思ってくれる人が
近くにいつもいたからなんです。

ダメな自分で終わりたくない、幸せを感じながら生きたいと思って、
子育てしながらでも出来そうだと始めたのがインターネットビジネスです。
その時に出会った教材「未来型」の師匠や千聖さんとの出会いや関わりの中で
私は自分に自信を取り戻すことが出来た(自分らしくていいのかとOKが出せた)と思っています。

 

ブログの師匠はいつも、弱い自分も強みだよ!と教えてくれました。
弱い自分がいていいんです。

ダメなのは弱い自分じゃダメだ・・・という考え方でした。

 

でも、師匠のこの言葉がなければ、

私は今でも弱い自分はダメなんだ・・・

だからもっと強くならなきゃと思って、

自分らしくなくても、頑張って

先の見えない

なにかを求める行動をしていただろうなと思うんです。

「こういうところがいいね!もっと良くするにはこうするといいよ。」という感じで、悪いところを指摘するのではなくて、どうしたらもっと良くなるかを説明をしてくれる素晴らしい先生がいつも近くで応援してくれていたのです。

自分がダメだと思い込んでいたことに対して、いつも肯定的に受け止め、逆の見方を教えてくれた人が
私のそばにいてくれたことで、私は自分が好きな自分に戻ることが出来ました。

 

物事は何事も表裏一体です。

 

それまでの私はすべてを悪いほうに悪いほうに捉えていたんだと思います。けれど「ありのままの自分でいい」それを信念にされていた竹川師匠の言葉で少しずつ少しずつ「こんな自分でもいいか!」そう思えるようになっていきました。

 

あなたのの周りには今、ありのままのあなたのことをいいね!と言ってくれる人がいますか?

 

まず、自己受容感を作っていくために大事なのは、

ありのままのあなたにOKを出してくれる存在を近くに置くことだと思います。

 

やっぱり人って弱い生き物です。
だから、ついつい魔がさすと弱い自分に負けてしまいます。

けれど、

いつも自分以上に自分のことを褒めてくれ、信じてくれる人が近くにいたらどうでしょうか?

自分が落ち込んでしまった時、悩んだ時、心から応援してくれたり、助けてくれる存在がいたらどうでしょうか?

いつもあなたの意見にYES!と言ってくれる人がいたらどうでしょうか?

 

「どんな自分でも受け止めてくれる」

そんな存在が近くにいるというのは本当に心強く、

自分自身が「自分らしく」あることにOKが出せる

そう思うのです。

ホント、これ、大事です!

 

家族や大切な人は時として「自己受容感」を下げる相手にもなる・・・

ブログで成功したいと思っていた私は2歩も3歩も10歩も先行く師匠や千聖先生という信頼でき、また心から尊敬出来る先生から
「ありのままの自分でいいんだからね」と言われてきたことが本当に力になっていたと思うのです。

夫や家族のほうが共に過ごしている時間は長いですけどね、でも、自信ない自分を変えてくれる存在ではなかったのです。

むしろ、家族というのは心配するがゆえに夢を摘み取る「ドリームキラー」になっていることが往々にしてあると思います。

大切な家族が悲しい目にあって欲しくないだからこそ、

みんながいいよ!っていう安全な道のほうがいいよ!というふうにアドバイスしませんか?

私も無難なモノを買ったりしちゃうこともあるけど、人生無難でいいなんて人いないですよね?!

けれど、傷ついて欲しくないからこそ家族って無難な道を歩ませようとしませんか。
でも、それって味方によっては「可能性の目を摘み取ってしまうこと」でもあるんですよね。

そうやって私たちは知らないうちに自分らしくない道も歩んでます。

親がそういうのだから間違いないだろう・・・
親を悲しませたくない・・・

そうやって選択してきた過去がありませんか?

 

夢を叶えるためには時にいばらに見える道でも通らないと見えない世界もあると思うんです。

っというか、簡単だったら夢って言わない気がします。

いばらの道を通るからこそ、目標高く置くからこそ夢なんだと思うんですよね。

でも「いばらがあるよ、危ないよ、やめなよ!」って夢を諦めなさい!って言われてるみたいなものですよね。

 

でも、好きだからこそ、心からやりたいと思えるからこそ、頑張れるものでもあって、その想いはやっぱり本人でしか図れないのに、いろんなしがらみで、弱い自分は負けてしまって夢をあきらめ、無難に生きる選択をしている・・・もしかしたら、多くの人がそうなのかもしれないですね。

 

・・・・ふっと思うんですよ

もし私が師匠に出会っていなかったら、きっと私自身が子供たちのドリームキラーとなり「いばらだから、そこは行っちゃいけない!」と言うような母親になっていたのではないか・・・と。

独立して自分で会社やってみたいと言った夫に対しても「サラリーマンが安泰でしょ!」と夫の意見もよく聞かずして却下していたかもしれません。

けれど、

99%ダメだと思えることもあきらめないで行動すること、正しい方法でやっていくことで形になり、夢に近づくこと出来るのではないかと今は思っています。

私自身が自分にOKを出せたおかげで今、周りの大人に振り回されることなく子供にも「好きなことをやればいいじゃん!」と言える自分がいます。それは、すごい誇りです。

 

誰もが相手にとっての「正しい道」を知っているわけじゃありません。

だから、弱い自分は、周りの声にどうしても影響されてしまうんです。

 

だからこそ、誰を周りに置くかで自分の「自己受容感」って変えていくことが出来ると思っています。
誰と付き合うかってものすごい大事なんだ!本当にそう思います。

 

まとめ

これが私がブログの先生に出会って実体験として感じた「自己受容感」を高めていく方法の1つです。

あなたが自分の夢を叶えていきたいと思うのなら、
周りには常に
・あなた自身を信じて応援してくれる人
・あなたが求める知識をくれる人
・あなたが尊敬できる人
・あなたのことを100%いいね!と言ってくれる人(そういう見方のできる人)

と関わる時間を増やしていくことが大事です。

あなたがどこに重きを置くかで、本当に人生変わります。
実は夫は私にとってのドリームキラーでした。

よくよく考えたら、私は結構、自己肯定感の高い人だったんですよ。
でも、付き合う人によって、自分が長く身を置く環境によって、あっという間に自己肯定間っていうのは崩されます。

自己受容感って、幸せを感じながら生きていくために
めちゃめちゃ大事です。なので、ちょっとシリーズ化してお届けしたいと思っています。

<自己受容感について考えるシリーズ>
自己肯定感や自己受容感を高めるには?育った環境の影響を私なりに考察

1日1万6千アクセス達成した方法"

↑期間限定!無料レポートプレゼント中♪

未来型トレンドマーケティング戦略プログラム

↑私がオススメするブログ教材!未来型トレンド&未来型ドリーム


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事


↑好きなことを仕事にしたい方へブログの始め方♪


↑管理人「おせっかいオカン」はどんな人?あなたをおせっかいしたい理由が書いてあります!


↑ブログで人生が変わった!オカンの夢や幸せを引き寄て楽しくワクワクなる方法まとめ


↑スキル0でパソコン苦手な私でもブログで成果を出せた!ブログ書きでホントに大切なことをまとめてます♪


↑子育ても仕事の悩みも考え方次第で変わるよ!お話しに来てみませんか?ママじゃなくてもうウェルカム♪

ページ上部へ戻る