働き方改革とは?人生は自分で切り開くしかない時代が来た?!

 

働き方改革って耳にしたことがあったけれど、良くわかってないオカンです。

そんな矢先にブラック企業で働く先輩のタケヤさんからブラックメールが、、、(°▽°)

タケヤさんが務める会社は今まさに「働き方改革」を取り入れようとしている企業さんなので「働き方改革??」と思ってるあなた、タケヤさんの生の声でこれからの働き方、色々考えさせられるかもしれませんよ。

働き方改革、あなたはどんなイメージを持っていますか?

私は働き方改革と聞いて、少しは労働者のために考えてくれてるんだろう、、、と本当に漠然と思っていました。

でも、タケヤさんのブログ記事を読んで、「働き方改革」って結局は労働者が豊かになるような仕組みではない?!政府や企業が得するような仕組みなのかなと少々感じました。

※ タケヤさんもブログに書いていたけれど、働き方改革の解釈に間違いがあって、私もタケヤ先輩の話を鵜呑みにしてたら御免なさい

タケヤ先輩の記事↓
https://ootakeoo.com/work/

すごくわかりやすく働き方改革のことや、それに絡んでくフレックスタイム制度のことが書かれてあるので、タケヤさんの記事、ぜひ読んでみてくださいませ。

フレックス制の導入って聞くと、好きな時間に行って、好きな時間に帰れる、憧れの働き方だけど、企業側の考え方次第では、ちょっと「悪」だなと思いました。

タケヤさんが勤めるようなブラック企業ばかりじゃないと思うけど、でも会社によっては労働者にはたくさん働いてもらって、出来たら利益は経営者側…という会社もまぁ多いんでしょうか。というより、会社もギリギリカツカツのところ耐えてるんでしょうか。

景気が良くなると会社も太っ腹になって、賞与が増えたりなどありますが、経営もやっぱり山あり谷ありと思いますから、低空飛行の時にどれだけ社員を大切に出来るかで成長度合いも違うのかなと思うけれど…

「未来型」マインドがある企業さん、どれくらいあるんだろ、、、なんて思っちゃいますね。

なににしても企業側のやり方次第では「働き方改革」は労働者にとって良いものにも、悪なものにもなり得るのだなというのが、タケヤさんが教えてくれた「働き方改革とは?」です。

この働き方計画で長時間残業というのがどうやら禁止になってしまうようですね。

そうなると会社は新たに人員を増やすという方法でこれまでの労働をまかなうわけなのですが、でも、仕事量も月によって違います。

だからその辺りをフレックスタイム制度を取り入れて、仕事がない時はフレックスタイムどんどん使って〜という感じなんでしょうね。

給与体型も会社によって違うのかと思いますが、基本給が少なくて、残業代やインセンティブで多くが支払われてると、逆にフレックスタイム制度があることで、早く帰らないといけなくなると、減給することになってしまうと、働き方改革って、なんなんだろうか…って思ってしまいますよね。

それこそ、国も推奨する副業しなさい?!ってことなんですかね。

守られてるようで守られてない?どうなんだろ…

不当な雇用条件にブラック企業を訴える…なんてことも可能なんだろうけど、あなたはどう思いますか?

私も過去、よくよく考えたら働きに見合ってない給与でしょ…という時期がありました。同僚と時給計算したら5、600円で、考えちゃいけない!って見て見ぬ振りして、憂さ晴らしによく飲みに行ってました笑

若かったから労働条件の悪さを訴える…なんてことに労力を使うよりも経験だけ積ませてもらって、転職するのが賢いと思ってました。

若ければまだまだ再就職のチャンスも行動するエネルギーも余ってますよね。でも、ある程度の年齢を迎えると、転職も厳しくなったり、これまでと同じような給与で転職することも難しかったり、また新たな人間関係を作ることにもめんどくささを感じるのかなと思ったりします。

だから、どんどん会社の就労条件が悪くなったとしても、それを受け入れるしかないのかな、、、
働き方改革でもそんな年配者が増えるのでは?とますます社会の歪みが出来てしまうのでは?と思ってしまいます。

発想が後ろ向きすぎますかね?!

働き方改革で給与が下がって労働条件も悪くなったら…

でも、「働き方改革」をポジティブに考えるならば、早く帰れることが出来た時間に自分の好きなことをやったり、そういう意味では「ゆとり」も出来ますよね。

それこそ国も推奨する「副業」するという新たなチャレンジも出来るわけです。

今でこそ私にとって、ブログはライフワークになって楽しみながらお小遣いを稼いでいたりするわけですが、でも、それは夫がちゃんと働いて生活の安定という基盤があるからなんだなぁと思うところもあるのです。

だから、働き方改革で早く帰れたら副業やればいいじゃん、なんて安易には思ってないのですが、

でも、どうにもこうにも時代の流れには逆らえないのだろうなということを感じてます。

景気が良かった時代は年齢給なんてものがあって、20代で20万、30代で30万…50代で50万なんていうか、就職したら定年まで同じところで働くのが得みたいな感じがあった時代もありました。嫌な人もいたりするけど、会社って行けば給与だって出ます。

でも、時代ってどんどん変わっていきてますよね。AI化も進んで、今まで人がやっていたことも機械処理されて、必要となくなる職種もあるでしょう。

仕事したくても簡単に仕事が見つからない…そんな時代にもなってくるのかなぁと思います。

その時、ホントどうしたらいいんですかね?!

あなたはこれからの時代対策してますか??

ホント、ホント、リアルに今から副業の準備していかないといけないんじゃないかって思います。

まとめ

もう相当前から今の若い世代は年金もらえないんじゃないかって話は出てましたけど、これからまた年金受給年齢が引き上げられますよね。

人生100年時代と言うけれど、何才まで労働すればいいんだ?って思いません??

私はニュースみてそう思いました。

労働も好きなことならいいです。

でも、会社に行けば人間関係もある、他企業との絡みもある、通勤だって楽じゃないですよね。

定年したら好きなことやるぞーなんて人もいたかもしれないです。けれど、もしかしたら生涯現役なんて時代がもう来てるのかもしれないですよね。

今は、寝る時間か、仕事か、ってくらい多くの人がそこに時間を割いてるのかと思いますが、もし、仕事が楽しくない…となると、人生の楽しみや生きがいってどこで見つければいいのかな?って思ってしまいます。

過去、私も仕事人間だった時があります。仕事人間っていうよりかは、自分が価値ある人に思われたい願望がありました。

けれど、そんなものに執着したばかりに体調を崩して、引きこもる生活をしていた時期もあります。

元気になった時に、もう後悔のない人生にしようと思って、心に無理をすることをやめました。

人生を振り返った時、少しでも誰かの役に立てる人でありたいと、ブログも始めました。

働き方改革はなんだかんだ労働者のためと言いながら労働者から政府が税金を取るための施策かもしれません。

けれど、あなたの働き方や生き方を考える良い機会にもなるとまじめに思っています。

せっかく生まれて来たのですから、人生良かってなぁ〜〜って思えるように生きたいですよね。

最後まで読んでくださってありがとうございます。

1日1万6千アクセス達成した方法"

↑期間限定!無料レポートプレゼント中♪

未来型トレンドマーケティング戦略プログラム

↑私がオススメするブログ教材!未来型トレンド&未来型ドリーム


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

特集記事


↑好きなことを仕事にしたい方へブログの始め方♪


↑管理人「おせっかいオカン」はどんな人?あなたをおせっかいしたい理由が書いてあります!


↑ブログで人生が変わった!オカンの夢や幸せを引き寄て楽しくワクワクなる方法まとめ


↑スキル0でパソコン苦手な私でもブログで成果を出せた!ブログ書きでホントに大切なことをまとめてます♪


↑子育ても仕事の悩みも考え方次第で変わるよ!お話しに来てみませんか?ママじゃなくてもうウェルカム♪

ページ上部へ戻る